風吹くマリベリー基金

「風吹くマルベリー基金」
( Mulberry:桑の木 )は、日本の絹を守り、支援する目的で設立されました。
主な事業は、養蚕農家支援のために「風吹くマルベリー基金」(一口1,000円)を集め、 桑の木の寄贈や肥料の援助、労力提供をします。 また、養蚕の現状の告知、国産糸・絹製品の普及や後援、養蚕関連品の業者への紹介等をおこなっていきます。